介護保険制度の仕組み

革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

介護保険み

ビル

介護保険制度の仕組み

介護保険制度とは、介護が必要となった本人やその家族をサポートするための制度です。
この制度の費用は税金と、40歳以上の人が納める介護保険料で賄われています。
介護保険制度が必要となった場合には、まず市区町村の窓口に行き介護認定を依頼します。
すると、市区町村より認定の調査員が自宅に訪問し、介護される本人の身体状況を評価します。
例えば自分で起き上がれるか、着替えられるか、歩けるか、トイレに行けるか、食事を取れるか、など日常動作をどのくらい自分一人で行えるのか行えないのかを評価します。
これ主治医の意見書が加わり、総合的にどのくらいの介護が必要かによって介護度が決まります。
この介護度によって受けられる介護サービスは変わってきます。