本格的高齢化社会の介護保険

革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

介護保険み

ビル

本格的高齢化社会の介護保険

誰でもが、人生最後の時まで健康でいたいと思いますが、歳をとると病気になって寝たきりになったり、痴呆症になったりで、介護が必要になることもあります。
自分や家族の誰かに介護が必要になったら、家族だけで支えることは大変難しく、一般的に誰かの助けが無ければ無理でしょう。
そこで、40歳を超えた人達みんなが介護保険料を払い、介護が必要になっても最期まで自分らしい生活が出来るように、介護する家族の経済的不安や、介護のストレスを減らし、社会全体で支えあおうと誕生したのが介護保険です。
本格的高齢化社会の時代になり、老後の生活の設計はとても重要ですし、老後の生活設計をたてる時、介護保険の基礎的な知識は欠かせないものです。